店舗公式

老若男女楽しめる♪講師との距離感が近いカルチャースクール☆彡

Re・Fine

  • 日祝OK
  • クーポン有
セールス・勧誘のお電話は固くお断りいたします。
本日の営業時間:
  • 10:00~20:30
定休日:
なし
チラシ(4件)
  • 最新号2月3月チラシ
    2020/01/25

    超お得ご入会金無料キャンペーンは3月末をもって完全終了いたします!
    定員枠残りわずかのクラスも出ています。
    お早目のご連絡をお待ち申し上げております。

  • 快療法インストラクター養成講座
    2019/10/04

    ご体験日
    10/13(日)13:00〜15:00
    10/31(木)19:00〜21:00

    一般2500円
    会員2000円


    11月より6回講座がスタートします!

    治病を目的とした運動療法、自彊術
    和裁アイロンなどで温めて元気にする方法
    筋肉反射テスト(LET)によって体の不調や薬との相性などをチェックするテクニック
    ヨモギ、ビワ、など身近な薬草学を学びます。

    すぐにでも自分でできることを学び
    あらゆる自然療法を実践するうえで役に立つ総合自然医学講座です。

    冷え性など不調を感じている方
    自分に備わっている生命力を底上げしたいと思っている方
    かわいいお子さんの健やかな成長のために
    大切なご家族の健康のために
    各器官の役割など身体についてやさしく学びたい方に


    6回講座の日程はチラシ画像をご参照ください。
    (都合により内容・日程は変更になる場合もあります)
    第2日曜日午後から、第4木曜日夜、同時開催予定。
    例えば木曜日の夜でお申込みいただき、受講できない日は同じ月の日曜日にご参加されましたら欠ける事なく6回全て参加できます。
    もう一度同じ内容を聞きたい時は特別価格で再受講できます。


    受講料
    全6回全納 初回特別割引 20000円
    1日・短期講習会や体験レッスン等を除き
    受講は会員さまに限らせていただきます。
    入会金5,000円+税でご入会いただけます。


    都度払い 4000円
    テキスト代 2500円
    (全て税抜価格)

    🌟Re・Fineでの快療法インストラクター講座第一回記念としてとして、今回のみ通いやすい価格設定にしていただきました♬


    内容
    ・内臓を温めるとなぜ病気がよくなるのか~内臓温熱療法
    ・からだの不調の見分け方と回復の方向性を探る~筋肉反射テスト(LET)
    ・薬草の使い方の基本
    ・食事療法
    ・断食の効用
    ・ヘナを使った健康法
    など

    🧡チラシはスタジオ外に設置しております。
    お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

    更に詳細を確認するにはfineyogaブログ
    http://fineyoga.hateblo.jp/entry/2019/10/04/082615

  • 9/14・22 姿勢の科学
    2019/09/25

    ■姿勢の科学セミナー
     ~腰痛・肩こり・ひざ痛の根本治療について~
     ・講師;大野
     ・内容(構成)
      1)姿勢と痛みの関係(座学);15分ほど
      2)施術体験;お一人様5分前後
       ※施術をご希望の方は
          ①タオルをご持参の上、動きやすい服装でお越しください。
          ②施術後のアンケートにご協力ください。

    ■場所;Re・Fine
     ・日時;A・9/14(土)
    ①13:45~14:30 ②14:35~15:20
         B・9/22(日)
    ①13:45~14:30 ②14:35~15:20

    ※メールにてご希望の日(AorB)と時間①or②をお知らせください。 

      ichimonjiseseri@gmail.com
     ・定員;各5人程度
     ・費用;200円(※今回限り)
     
    ■ひとこと
     ・腰痛や肩こりなどの原因と対策がご理解いただけると思います。お気軽にお越しください。

  • スタジオオープニングチラシ
    2019/09/09

    カルチャースクールとヨガクラスのご紹介です。
    ビル2階上がってすぐに、こちらのチラシや、イベント、各講座のフライヤー設置しております。
    お近くにお越しの際はお立ち寄りくださいね。

エキテンからのお知らせ
店舗関係者の方へ