お知らせ 店舗トップ
店舗公式

☆成瀬駅徒歩0分!新規患者様の90%が紹介の実力派☆

つばさ接骨院・鍼灸院

  • 駐車場有
セールス・勧誘のお電話は固くお断りいたします。
本日の営業時間:
定休日
定休日:
木・祝

  • イーストフードとはパンなどを作る際にふっくらとした綺麗なパンに仕上がるようになる添加物の一種で、数十種類もあり、生産性が高く、少しの小麦で大量に作れる為、コスパが良く安価でパンを購入する事が出来ます。
    パンの表記には添加物が二つ以上含まれる物に関しては表記する決まりになっていますが、表記する場合は添加物名としてでは無く、「イーストフード」とまとめて表記してもいいとされています。
    その中でも、臭素酸カリウムは発がん性があるとの報告もされており、摂取は控えた方がいい。又は、微量なら問題はないと専門家の間では賛否が分かれています。
    他にもリン酸塩類は骨粗鬆症や心筋梗塞のリスクを上げると言われています。
    又、塩化ナトリウムなどは、通常化学肥料などで使われますが、摂取量によっては犬の場合では6~8gで致死量に値します。
    皆さんもパンを購入する際はよく考えて選んでみてはいかがでしょうか。
  • 人は歩く時に片方の足を挙げ、もう片方の足は地面に接地している状態になっている為、常に片足立ちの連続になります。
    その時バランスが崩れないようにお尻の筋肉が働くことでしっかり歩けるようにり、腰痛予防にもつながります。
    正しいフォームの流れとしては。
    1・足を腰幅くらいに広げます。
    2・イスやソファーの座る場所に肩甲骨付近を預けそのままお尻は床につけます。
    3・ダンベルや2ℓペットボトルを落ちないように鼠径部付近に乗せます。
    4・肘を椅子やソファーに置きます。置けない場合はダンベルが落ちないように手をかけている状態でも可能です。
    5・足裏で地面をしっかり踏み骨盤・もしくはオヘソを真上にもっていくような感覚で上げていきます。
    6・お尻を締め腹圧や呼吸を意識し頭・肩・腰・骨盤・膝とラインが一直線にキープ出来るようにし、降ろす際も腹圧が逃げないようにゆっくりと下に降ろしていきましょう。
  • 1・膝をつま先より先に出さないようにする事。
    2・背中が丸くならないように棒を当てながら前屈する。
    3・重心が前(大腿四頭筋)にかかり過ぎないように踵(大腿二頭筋)に重心を置くように意識する。
    4・後ろに倒れそうなら壁にピッタリと背中・お尻・踵までつけた状態から足の大きさ一歩分前に出た状態で行いましょう。
    それを応用した筋トレ法がスクワットやデッドリフト・ヒップスラストです。
    ヒップヒンジを習得する事で様々なトレーニングで応用出来るので、皆さんも是非覚えてみてください!!
  • ヒンジとは日本語で蝶番「ちょうつがい」の事を言い、身体の各所にも似たような構造を持つ関節があります。
    その中でも今回はヒップヒンジをご紹介します。ヒップヒンジは上体と股関節の曲げ伸ばしで見られる動きで、鍛える事でトレーニングを行う際のフォーム維持・怪我予防・腰痛予防・下半身強化などの効果を得られます。
    又、ヒップヒンジは日常動作で取り入れる事で、腰を痛める機会を各段に減らせることが出来ます。
    フォームとしては、足を肩幅まで開き、両手を胸の前でクロスさせるように組み、背筋を真っすぐ伸ばした状態で前に倒しながら臀部を後ろにゆっくりと引いていきます。上体を60度~70度くらいまで倒したらそのまま同じ軌道で戻ります。
    背中が丸くなると腹圧が下がり十分な効果を得られない上に腰を痛める可能性があります。
    始めの内は十分姿勢をキープ出来るように練習すると良いでしょう!
  • 緊張性頭痛~緊張型は身体的・精神的ストレスによって首や肩の緊張から血流が悪くなる事で痛みが誘発されます。
    治療薬としてはアスピリンなどがあります。

    緊張型と片頭痛の混合型~両方の症状を伴う頭痛で、痛みの出方や仕組み・効果的な対処法がそれぞれ違う為、治療を行う際は病院の先生との相談をした方がいいと思われます。

    群発頭痛~片側の目の奥が激しく痛み我慢できない。
    稀なタイプで男性が多く見られ、原因はよくわかっていないがお酒との因果関係が言われている。
    頭痛と同側に目の充血や涙や鼻水が見られ、汗をかくなどの症状が現れる。
    他にも薬剤使用過多などでも出る場合があります。
    他にも、いつもと違う頭痛や今までにない頭痛・痙攣や発熱・痺れを伴う物に対しては内科的疾患などが疑われる場合がありますので、一度病院で相談や検査をする方がいいかもしれません。
  • 何らかの刺激により、三叉神経が刺激され神経伝達物質が放出され脳や脳の血管が拡張され炎症を起こし発生します。
    要因としてはストレスの影響が多く関係しています。
    様々なストレスが考えられ、気候や、光刺激・匂いや不眠・女性だと月経周期などでも見られます。
    前駆症状としては、視覚症状が見られる事が多く、キラキラした光・点・線が出現したりします。それを閃輝暗点と言います。
    頭痛はこめかみから側頭部にかけて拍動性のズキズキした痛みが見られます。
    症状が強い場合は我慢せず、病院などに受診するようにしましょう。
  • 手根管症候群は突発性が多く、原因はわからない事が多いとされています。
    妊娠や更年期などに多く見られがちです。手の疾患では他にもばね指なども妊娠期・更年期に見られやすいです。
    他にもスポーツによる怪我や仕事・腫瘤などによっても観られるケースがあります。
    女性が特に発症が見られる背景には、ホルモンバランスが関係していると言われています。
    症状としては、ホルモンバランスが崩れる事で滑膜性の浮腫みによって屈筋支帯の硬化が見られ、正中神経の圧迫によって痺れや痛みなどがあります。
    皆さんももし類似する症状が見られる場合は一度、病院又は接骨院に受診されては如何でしょうか。
  • アボカドは「森のバター」とも呼ばれ脂質が20%も含まれています。
    しかし、不飽和脂肪酸の為太りにくいという特徴があります。
    また、葉酸やビタミンEやB群が含まれているので妊娠中のお母さんなどは積極的に摂取する事をオススメします。
    他にもビタミンEには強力な抗酸化作用がある為、血中のコレステロールの酸化を防ぎ・血流を改善させ、身体の老化を防いでくれます。
    葉酸は細胞分裂の核酸合成に不可欠であり、妊娠初期には胎児の発育や妊婦には必要なビタミンです。また、先天的な奇形のリスクを減らしてくれます。
    皆さんも積極的に摂取出来るように心がけましょう。
  • 胸郭出口症候群は肩周りの神経や血管の絞扼により起こる神経障害で総称であり、絞扼場所によって名称が変わります。
    前斜角筋と中斜角筋で構成される頚三角を走行する腕神経叢と鎖骨下動・静脈の絞扼や小胸筋付着部の後方を走行する神経の絞扼など様々です。
    重荷などをよく運ぶお仕事や、不良姿勢・なで肩・リュックの紐が肩部周りを圧迫する事によって起こる場合もあります。
    圧迫によって脈拍減弱や手指の痺れ・虚脱感などの症状が見られます。
    過度の神経障害が見られる場合は斜角筋の切迫術などを施します。
    普段から姿勢が悪い人やデスクワークが多い方は運動習慣を身につけ予防しましょう。
  • 日常生活動作の中で、歩くという人間の運動動作は一つの筋肉で行われている訳では無く、地面からの力が足に伝わり、後にお尻・体幹・上肢へと伝達し、幾つかの筋肉が連鎖する事によって歩く事が出来ます。
    普段からトレーニングをされている方はある程度の意識は出来ていると思いますが、慣れていない方は一つの筋肉だけを鍛えるのではなく、多方向からの負荷をかけ、様々な種目をやる事で効率よく大きな力を発揮する事が出来るようになります。
    トレーニング内容に偏りがあると怪我や姿勢のバランスが悪くなる為、パフォーマンスも低下してしまいます。
    皆さんもトレーニングをする際は、連鎖する筋肉を意識してみてください。
住所

東京都町田市成瀬が丘2−23−10アライビル4F

Google マップで見る

アクセス

JR成瀬駅南口から徒歩0分

最寄駅

バス停

お得なキャンペーンとおすすめ情報
店舗関係者の方へ